特徴のある銀行印がオススメ

銀行印イメージ

一本しか登録できない実印に対し、銀行印は通帳の数にあわせ、セキュリティー面から考えても複数本は用意しておきたい印鑑です。
しかし、そのときに発生してしまうトラブルにありがちなのが、どの通帳にどの印鑑を登録しているのかわからなくなってしまうというもの困りものです。
銀行印がどれなのかわからなくなってしまったときは、金融機関に申し出て確認を取ってもらうようにしましょう。

また、印鑑がどれなのかわからなくなるのを防ぐためには、なるべく特徴のある印鑑を登録するという方法がオススメです。
最近ではとてもカラフルで色数の豊富な銀行印も販売されています。
それでもどうしても銀行印の確認が取れないような場合には、改めて新しい銀行印を作成する必要があります。
また、銀行印がどれなのなわからなくなったり、紛失していない場合でも、この印鑑の変更は可能です。

たとえば、子供の頃に作った口座を長く使用している場合などです。
たいていは親が印鑑登録しているので、成人するなどして独立したときなどに新しく印鑑を登録し直すことがあります。

何らかの理由によって、急いで口座を開き、文具店などで間に合わせに購入した安い三文判を銀行印として登録した場合などにも、あとできちんとした印材の銀行印で再登録するしたほうが防犯被害を考慮したときにも安全。
こういった理由以外にも、ちょっとした気分転換で……といったことでも銀行印は変更が可能です。
ただし、どんな場合でも、銀行印の保管はくれぐれも丁重にしてください。

~ WEBウォッチ│おすすめサイト ~

何の登録もしていない印鑑の事を認め印と言います。
宅急便の受け取りや社内や地域の回覧板のチェック欄に押す時など、生活の中で使用頻度の高い印鑑です。
重要度が低い分で思い切って自由なデザインにすることも出来ます。

自分だけの印鑑を作ってみる。

ページの先頭へ