印鑑の押し方と種類

印鑑イメージ

印鑑の押し方といっても色々な押し方があります。
いくつかを具体的にご紹介していきたいとおもいます。

【割印】

同じ文書を2つ以上作成したときに、2つの文書が関連していることや同一であることを証明するために押される印がこの「割印」になります。
例えば契約書の正本と副本や、原本と写しがある場合、領収書とその控えなどに用いられます。
2枚の書類を少しずらして重ね、印影が半分ずつに分かれるように押します。

【契印】

「契印」は契約書などのページが2枚以上ある場合、これらが1つのまとまった文書であることを証明するため、両ページにまたがって押す印のことです。
1つの印影が半分ずつにまたがるように、見開きページの中央に押します。
必ず1枚ごとに押す必要があり、2名以上の署名者がいる場合には、全員分の契印を押さなくてはなりません。

【止め印】

「止め印」は契約書の余白にあとから追記できないよう、その文面の終わりを証明するため最後の文字の末尾に押されるものをいいます。
また、止め印の代わりに「以下余白」と記載する場合もあります。

【捨印】

書類にミスがあったり、契約内容の変更があるときに、訂正印を押さなくてはなりません。
ミスがいくつもあった場合には、そのたびに書類を往復させることになるため、手間を省く手段としてミスのある書面の脇に捨印を押し、訂正印とします。
捨印のある場所に「○○末梢、○○追加」と記述して用いられますが、内容が勝手に改変される恐れもあるため、捨印の使用は慎重に行いましょう。

〔関連情報のご紹介〕

実印とは、印鑑登録の手続きが必要なとても大事な印鑑です。
大きな出来事や契約のときに、自分の判断と責任に基づいて捺印されるものです。 印鑑の種類は多種多様にありますが、必ず自分で納得のいくものを選ぶようにしましょう。
印鑑選びのポイントをチェック

ページの先頭へ